トップページ
そば情報
そばの美味しさの決め手
お客様からのコメント集
そば粉メニュー
種類別お客様の声
ご注文
全国そば粉メーカー一覧
価格比較サイト 
二八そばの打ち方
そば切れ防止をテーマに

従来は不可能でしたが
業務用そば粉
そば打ち道具
粉500gに対応
道具メニュー
道具のご注文
諏訪そば打ち道場
36人同時打ち可

楽しい思い出をアルバムで
新しいお米ミルキークイーンのHP

モバイルサイト
携帯からも
ご注文いただけます。

ご質問・お問い合わせ等は
info@takayamaseihun.co.jp
フリーダイヤル
TEL:0120-54-1245
FAX:0120-52-1282
までご連絡下さい。

Copyright(c)
株式会社高山製粉

会社概要
個人情報保護方針

◆◆◆ そば湯を飲むことのメリット ◆◆◆


おそば屋さんで、そばを食べ終わった後にお湯のようなものを出されたことはありませんか?そのまま飲んでも味のないそのお湯は、そばつゆを入れて飲む「そば湯」です。お茶のように飲んでいる方も多いかもしれませんが、そば湯を飲むことにはたくさんのメリットがあるのです。

そもそも「そば湯」とは

そばの茹で汁のことです。そばを食べた後にそば湯を飲む習慣は、もともと信州の一部地方で行われていたもので、江戸ではまだ一般的ではありませんでした。その頃江戸では、そばを食べた後は豆腐の味噌汁を飲むという習慣が一般的だったようです。そば湯を飲む習慣が江戸に入ってきたのは18世紀中頃だったといわれています。寛延四年に、江戸の日新舎友蕎子という人物が書いた「蕎麦全集」には、信州に行った際にそばを食べ、食後に出されたそば湯は江戸にはない風習だったため感心した、という内容の記述が残っています。信州では、そば湯は消化を助けてくれるものとして飲まれていたのです。

そば湯には嬉しい栄養素がたっぷり

そばはバランスのとれた栄養食として知られています。中でも、そば粉に含まれている植物性たんぱく質はとても良質なものですが、水に溶けやすいのが難点で、その半分近くはそばを茹でた時に流れ出てしまっています。他にも、水溶性のカリウムやビタミンB群、でんぷんや食物繊維なども溶け出しています。せっかくの栄養素を無駄にしないようにと、そばを茹でた後の汁も飲み始めたことがきっかけで、そば湯を飲む習慣が生まれたとされています。

ご自宅でそば打ちをなさる時も、ぜひ茹で汁は捨てずにそば湯としてお楽しみください。高山製粉では、そば本来の味と香りを楽しめる「霧が峰・石臼挽信州蕎麦粉」、更科を使用した「氷雪・そば粉」、玄ソバをそのまま大型石臼製粉した超粗挽きそば粉など、国内産の信州そば粉を取り扱っております。そば打ち用にそば粉をお求めでしたらぜひご利用ください。お土産やギフトにもおすすめの高品質な乾そばもご用意しておりますので、様々なギフトシーンにお役立てください。


画面TOPへ


高山製粉
Copyright(c) 2000- 株式会社高山製粉