トップページ
そば情報
そばの美味しさの決め手
お客様からのコメント集
そば粉メニュー
種類別お客様の声
ご注文
全国そば粉メーカー一覧
価格比較サイト 
二八そばの打ち方
そば切れ防止をテーマに

従来は不可能でしたが
業務用そば粉
そば打ち道具
粉500gに対応
道具メニュー
道具のご注文
諏訪そば打ち道場
36人同時打ち可

楽しい思い出をアルバムで
新しいお米ミルキークイーンのHP

モバイルサイト
携帯からも
ご注文いただけます。

ご質問・お問い合わせ等は
info@takayamaseihun.co.jp
フリーダイヤル
TEL:0120-54-1245
FAX:0120-52-1282
までご連絡下さい。

Copyright(c)
株式会社高山製粉

会社概要
個人情報保護方針

◆◆◆ 引越しそばについて ◆◆◆


近年では、「引越しそば」という言葉を聞いたことがある方や、正しい意味を知っている方は少なくなっているようです。引越しそばとは、引越しが終わった後に家の人がそばを食べることではなく、引越し先の向こう三軒両隣にそばをふるまうというのが、昔ながらの習わしです。こちらでは、そんな引越しそばの由来についてご紹介致します。

引越しそばのルーツ

もともと引越しの挨拶にそばを配るようになったのは、江戸時代中期に江戸の町人文化が始まりとされています。それまでは小豆の入った粥や餅を配るのが一般的でした。しかし、「それでは丁寧すぎなのでは?」という思いと、「もっと手軽な手土産はないだろうか?」という考えから、当時安く手に入ったそばが注目されたのです。そばに(近くに)引越してきたことにかけた「おそばに末長く」という意味や、そばの形態から「細く長いお付き合いをよろしく」といった意味合いは、後からつけられたものです。そこには、江戸っ子ならではの洒落が込められています。また、隣近所へは2つずつ、大家と管理人には5つずつそばを配るというルールも決められていました。

現在でも引き継ぎたい風習

そばはとてもいわれが多いのが特徴で、縁起の良い食べ物という理由も後からつけられたものです。しかし、何か縁起の良いものにあやかりたい、近所付き合いを円満にしたい、そして安上がりにしたいという思いは、今も昔も変わらない生活の知恵といえるのではないでしょうか。特に近年では、近所付き合いが薄く、マンションやアパートに住んでいても隣人の顔や名前も知らないのは当たり前のようになっています。そのため、引越しそばの風習はぜひ受け継いでいきたい習わしの一つといえます。保存期間の長い乾麺は季節を問わずに贈ることができるため、挨拶品に最適です。高山製粉でも乾麺セットをご用意しておりますので、引越しの挨拶品としてはもちろん、様々なシーンのギフトとしてお役立てください。

他にも高山製粉では、国内産の高品質な業務用そば粉を販売しています。独自の生粉打ちをしたい、色や食感にこだわった信州産石臼挽そば粉が欲しいとお考えでしたら、ぜひ一度、高山製粉へご相談ください。ご要望に沿った業務用そば粉をご提供致します。


画面TOPへ


高山製粉
Copyright(c) 2000- 株式会社高山製粉