髙山製粉 |長野県諏訪市のそば粉専門店

水ごねと湯ごねの違い
【水ごねと湯ごねの違い】
そば粉

水ごねと湯ごねの違いは、蕎麦をつなげるのにタンパク質とでんぷんのどちらを利用するかというところにあります。


小麦のタンパク成分は水を加えることで、グルテンを形成し強い粘着性を発揮するようになります。逆に、お湯を加えてしまうと凝固してしまい粘性を引き出すことはできません。そのため、そば粉のつなぎに使用されている小麦粉の量が多い場合は水ごねが適していると言えます。


ただ、そば粉にはグルテンがなく、わずかなタンパク成分があるだけなので、小麦粉の割合が少ないとつなげるのが難しいとされています。それに対し、湯ごねはそば粉のでんぷんを利用し、粘性を引き出すため、小麦粉が少ないそば粉でもつなげやすくなります。


ただし、湯ごねは湯を注いだ時に香りが一気に立ち、発散するので、蕎麦の香りを減らしてしまうことになります。その為、水ごねが一般的になっています。



手打ち用そば粉を通販でお求めなら高品質で
種類豊富な「高山製粉」をご利用ください。

信州諏訪市、株式会社高山製粉の味濃い石臼挽き信州そば粉は、高品質が特徴で、これを原料にした生そばは、「信州そば品評会」で毎年上位に入賞しており、 日経プラス1、何でもランキングおすすめのお取り寄せそばで全国1位になったそば店は、弊社のそば粉をお使い頂いております。
一般向けには、初心者でも簡単に十割蕎麦が打てる細かな粉から上級者向きの繋げるのが難しい超粗挽き粉。真っ白な粉から黒めの粉など見た目、風味、食感、コシ、のど越しなどが違う特徴的な蕎麦になる 16 種類のそば粉を品揃え。


高山製粉 そば粉 航空写真
社名 株式会社 髙山製粉
住所 〒392-0015 長野県諏訪市大字中洲465-3
連絡先 TEL:0266-52-1245 FAX:0266-52-1282
HP https://takayamaseihun.co.jp/
E-mail suwamugi@takayamaseihun.co.jp